心臓突然死の原因の多くは「心室細動」と呼ばれる重篤な不整脈です。心室細動になると心臓は震えるのみで血液を送り出せなくなります。いわゆる心停止の状態です。 数秒で意識を失い、数分で脳をはじめとした全身の細胞が死んでしまいます。 心室細動からの救命には迅速な心肺蘇生と電気ショックが必要です。 電気ショックが1分遅れるごとに救命率は10%ずつ低下します。 119番通報をしてから救急車が到着するまでの平均時間は8.6分。救急隊や医師を待っていては命を救うことはできません。 突然の心停止を救うことができるのは、その場に居合わせた「あなた」しかいないのです。 総務省消防庁:平成28年版救急・救助の現況