FIRST AIDER PROJECUTとは、心臓突然死によって苦しむ人々を救おうというプロジェクトです。欧米での心肺蘇生法実施率が約70%を超えているのに対し、日本の実施率は約半数となっています。これは幼いうちから救命に対する知識を学んでいるかの違いです。そこで私たちは、子どものころから心肺蘇生法を楽しく学ぶことができるカードゲーム教材を開発しました。